--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.03.20 Tue
2012-03-19.jpg




雪解けが遅く感じる 今年の3月。

さすがにもう 今日の写真のような 白銀の世界ではないけど
路肩には まだまだ雪の山が モリモリ。

それでも やっぱりこの時期になれば
日差しの中に なんとなく春を感じるんですよね~。

今年の春は 歩けるようになった ゆづと一緒に

あんなことしたり
こんなとこいったり

そんな風に想像してるだけで ウキウキしちゃいます^^




2012-03-19-1.jpg




ところで 先日 ゆづの1歳半検診のお知らせが届きました。

そう、もう来月の頭には 1歳半なのです。

こはなの時には 1歳半って
また1つ大きな節目を迎えたような そんな気がしたものだけど

ゆづの場合 え!もう!? この前 1歳のお誕生祝いしたばっかじゃない??
って 驚きばかりで…^^;



1歳半検診って 何したんだっけな~?

なんて こはなの時のことを
頭の奥底から しぼり出すように思い出そうとして

結局 何も思い出せなくて (苦笑

ちょこっと検索して また驚いた。

いや、焦った。


「 動物や車の絵を見て 聞かれたものを指差す。」


これ、1歳半検診ではよくあることらしく

そう言われてみれば こはなのときにもやった気がする。

いや、やった。

こはちんは ちゃんとできてた。



でも…


ゆづは 絶対できないよぉー そんなのっ。汗



そして 気がついた。

あたし、ゆづ ほったらかしだ…。


絵本一つにしても

こはなが喜ぶようなものばかり借りてきて
そういうのばかり読み聞かせていて

ゆづ くらいの子が好むような

りんご
いぬ
くれよん

ってな類の シンプルな絵本を
1つ1つ指差しながら読んであげたことなんて なかった気がします…。


我が家では 日本語の絵本は
いつも おやつタイムに読み聞かせしてるのね。

どうして そうしてるかと言えば

次々とページをめくりたがる ゆづと
ちゃんと お話を聞きたい こはな の2人では

ストーリのある ちゃんとした絵本を読み聞かせるのは 無理があるんだけど

2人が テーブルについて おやつを食べてる間なら
食いしん坊のゆづは 絵本より おやつのほうが大事だから手を出さないし
2人ともじっと座って聞いててくれるからだったんだよね。

それで ゆづも 一生懸命 聞いてたし
これでいいんだと思ってから

それ以外に ゆっくり絵本を読んであげる時間なんて 作ってなくて
これが 唯一と言っていい 日本語の絵本タイムだったんです。


でもさ、ゆづは まだ1歳。

絵本を次々めくりたくなるは 当たり前だし
長いストーリーなんて 何が何やら分からない。

分かりやすい絵と 短い文字

そういう絵本をパラパラめくって
そうやって 遊びの中で覚えていくことも
大事なんだよね。


なんかさぁ

ついつい こはなを基準に 物事を考えて
ゆづを こはなのオマケのように 扱ってしまってたな…。

反省

猛反省。



もっと ゆづのためだけ を考えてあげることもしなくちゃいけないのよね。


そんな風に思うようになって

時間ができたときにじゃなく
ゆづのために時間を作って
ゆづのための絵本を読み聞かせるようにしてから

今までも 絵本が大好きで
静かに1人遊びしてるときは 大抵 絵本を開いていた ゆづだったけど

最近 ますます絵本が好きになったように感じます。

自分で絵本を持ってきて
必ず あたしの膝に座って

何度も何度も 何度も何度も
絵を指差して 読んでもらってのエンドレス。


そんな ゆづを見ていると


ほんとうは 絵本というより
あたしの膝を 求めていたのかもしれないなぁ。


なんても 思ったり。



母になって 5年の日々が過ぎたけど

2人の子供の 母になったけど

まだまだ まだまだ 未熟だなぁ。



テーマ:女の子育児 - ジャンル:育児
ひとりごと    Top↑
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。